Category Archives: 実行委員より

実行委員それぞれが思いをつづるためのカテゴリー

Web Browser Users Festival Kobe 2011 に潜入してきました。

Posted on 2020/07/18 in 実行委員より by lab1092

皆様いかがお過ごしでしょうか。

神戸ITフェスティバルから3ヶ月。早いですね。

近年、IT勉強会やIT関連のイベントが全国的に盛り上がりを見せており、神戸でも開催される、というパターンが見られるようになって来ました。

そんな中、「神戸」と「フェスティバル」と2つも共通ワードを含む勉強会がある聞いたので、7月17日、潜入してまいりました、Web Browser Users Festival Kobe 2011 に(ATND)。

「Web Browser Users Festival Kobe 2011」とは、

ウェブのつかいてと ウェブブラウザのつくりてと ウェブコンテンツのつくりてをつなぐ あたらしいカタチのユーザーオフイベント

ということで、Webブラウザを「使用する」ユーザーをターゲットとした勉強会で、「IT勉強会」と言えばどちらかと言うと開発者よりになりがちですが、そうではない、普段普通にWebブラウザを使っている方の声をもっと聞きたいと言うことで企画されたとの事です。

はじめに、2つのセミナー

  • ウェブのユーザビリティとは何か
  • HTML/CSS3とユーザビリティ

があり、参加された方の中から3名のLT、と言う形で発表がありました。そして、休憩のあと、参加者全員をグループに分けて「普段使っているブラウザのいいところ3つ挙げてみましょう」というディスカッション、そしてその発表…と言う形で進んでいきました。

印象的だったのは、大体皆さんが考えられていることが同じで、「ブラウザごとに大きく差が出てこなくなっている」というものでした。

後半のディスカッションでは、ブラウザのみに限らず、ページそのものやサービスについてなどの話題でも盛り上がっていました。

そして、懇親会は居酒屋で。

懇親会では、ディスカッションで話し合ったことの延長戦的なもの、Webの未来について、というのが話されていました。

さらに、一部の人は程近くの、ベルギービールのお店で2次会。

話の内容としてはもはやブラウザのお話ではなくなって、英語教育の話になっているなど(もちろんたダニエルさんがいらっしゃった、ということもありますが)非常に幅の広いお話が出来て楽しく飲めました。

と、勉強会に行ったのか飲みに行ったのか分からない文章になってしまいましたが、やはりいろんな考えを持っている人と話す、コミュニケーションする、というきっかけとしての勉強会というのでもいいのかな、と思いました。

(み)

【実行委員】第7回実行委員会を実施しました。

Posted on 2020/04/09 in 実行委員より by lab1092

こんにちは。サイト担当の三津田です。「サイト担当」と言っても名ばかりですが。

昨日、神戸ITフェス&OSC神戸の定例会議がありました(今回、会議の会場はアイクラフト様にご提供いただきました)。全体的な会議、となると今回が最終、です。

スタッフの当日の動き、物品の動き、セミナー、ブース展示、などなど、確認していくこともかなりの量に上りまして、終わったときには「おなかすいたー」状態。とはいえ、今回特に初開催の神戸ITフェスについては実行委員の皆さんそれぞれが当日に向けてのラストスパート、頑張りましょう!っていう感じになっているような気がしました。

あと1週間。実行委員の皆さん、頑張っていきましょう!!
(Skype + Ustream で参加の皆さんもおつかれさまでした)

(下の写真は - 左:「タイガー」にピンと来て、真ん中:会議室への案内(写っているのは松本さん)、左:基調講演つながり)

[実行委員]僕と関西と神戸ITフェス。

Posted on 2021/03/29 in 実行委員より by moriyama

神戸ITフェスティバル実行委員の森山 京平@NAISTです。
今回は、実行委員として挨拶します。
今日、三宮で神戸の某企業の説明会・選考会に行ってきました。
阪神・淡路大震災から16年
神戸の街は、すっかり復興し元気な姿を見せているなと思いました。
今まで神戸の方々が本当に頑張ってきたからだと感じます。
また、東北太平洋沖地震の事を思うと、胸が痛むばかりです。
犠牲者のご冥福をお祈りし、被災者の皆様へお見舞い申し上げます。
そして、一日でも早く復興することを心より祈っております。
さて、私の地元は、大分県。
そして、今は、奈良県に住み大学院生活を送っています。
なぜ、大分県出身の私が実行委員として
活動しているかを軽く説明したいと思います。
大分県出身の私は、関西に強い憧れを抱き
大学院は関西でと思っていました。
その強い思いが叶って
昨年、奈良の某大学院に合格し、現在その大学院に通っています。
関西へ旅立つ直前の3月に大分で開催されたOSCでびぎねっとの宮原さんに出会い
「学生に出来ること、学生だからできること、OSCでやってみないか・・・」ということを言われ
こっちへ越してきてすぐにOSC@kansaiのMLに実行委員で参加したいという旨を投げかけました。
そうして、開催間近に迫ったOSC@Kobeに
急遽実行委員として携わらせていただくこととなったのが始まりです。
その時は、初めての参加で役に立てたかは、わかりませんが
実行委員として参加できた事は、今でもいい経験だったと思っています。
さて、今回の神戸ITフェスティバルですが、
学生企画担当として携わっています。
学生として何ができるのかと考えた際に
やはり、学生目線で学生となにかを共有するということが大事だと考え
今回、その機会を得ることができました。
学生主体でなにかをやるというのは、今回が初めてになりますが
参加する多くの学生にとって刺激的なものになればと考えています。
また、これが今後も引き継がれていったらなぁと思っています!!
主体的に行動し、やったもん勝ちなのが学生の特権だと思っています。
もし、今回の参加者で、これをやりたいという学生の方がいれば
ぜひとも、来年の学生企画でやって欲しいと思いますし
それのお手伝いなんかをできたらなぁと思っています。
それでは、神戸ITフェスティバルで待っています!!

【実行委員】特別な春、そして特別の夏に向けて

Posted on 2021/03/28 in 実行委員より by katoh

ふたたび神戸ITフェスティバル2011およびオープンソースカンファレンス2011 Kansai@Kobeの実行委員の加藤文昭です。

このたびの東日本大震災の犠牲者のご冥福をお祈りします。また、被災者の皆様へお見舞いを申し上げます。そして1日も早く復興し穏やかな春の日が迎えられることをお祈っております。

ようやく、季節は梅の花が咲き、桜や桃の花の時期へと移って行こうとする中、この春を特別な思いで感じている人は多いのではないでしょうか。そして、今年の春を胸にずっと刻んで生きる人の多い事を考え始めました。16年前の阪神淡路大震災の平成7年の春の神戸のことも思い出しながら。今思えば、私たち地元の人たちは日々のことで一生懸命で、ほとんど周囲が見渡せていなかったようです。ただ、地元のラジオ関西からの音楽が何よりの楽しみでありFAXサービスが公式情報源だったことを記憶してます。

さて、話を日本もどしてこの特別の夏に、自分たちに何が出来るのか少し考え始めました。

そして、私が今迄に経験したボランティア等の個人として参加した社会貢献活動等のことを思い出しました。

阪神淡路大震災後の数年は、料理フォーラムFCOOKによる被災者との食事会等のボランティア活動経験のこと。

H17年1月にポートピアホテルで開催された国連防災世界会議の中の国連国際防災戦略(ISDR)にLILO有志と参加したこと。

(会場のインターネット中継や会場設営作業)

H19年から2年間の神戸市市政アドバイザー(第9期)の中で参加したワークショップ活動のこと。

今回、神戸ITフェスティバル2011およびオープンソースカンファレンス2011 Kansai@Kobe を通じて東日本の被災地に向けて元気の風を少しでも多く神戸から送ることができればと希望します。

【実行委員】楽しみなセミナー

Posted on 2021/03/25 in 実行委員より by hamasaki

事務局の浜崎です。

みなさん、セミナーの申込は済まれましたでしょうか?  【セミナープログラム

今はやりのスマートフォンの話やら、スーパーコンピュータの話やら、神戸地元の岡本商店街・有馬温泉のIT利用事例やら、技術者向けな話やら、基本情報技術者試験対策など盛りだくさんの内容になっています、ぜひぜひ申し込みを!

当日セミナー会場を覗いておもしろと思ったら参加してもらうのも、OKです。

【セミナー申し込み

【懇親会申し込み】

【実行委員】震災とIT

Posted on 2021/03/24 in 実行委員より by hourin

セミナー担当を務めている日本UNIXユーザ会(jus)の法林です。

前回自分が執筆した記事で阪神淡路大震災のときのことを書いたのですが、まさかその後、もっと大きな地震がやってくるとは考えもしませんでした。被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

さて、今回の地震が発生してすぐに、震災情報を共有するサイトや、あるいはIT的な支援を行うさまざまな動きがありました。例えば、Person Finderやsinsai.infoなど。ネットワークインフラ方面の活動は災害関連の公的情報支援サイトにまとめられています。身近なところではNHKなどがUstreamでニュースを流し、またTwitterなどを利用した市民レベルでの情報交換もさかんに行われるなど、もはやITを使った情報流通はすっかり日常の風景となった感があります。

では、今を遡ること16年前、阪神淡路大震災のとき、インターネットではどんなことが行われていたか、ご存じでしょうか。

当時、インターネットの利用者はまだIT系の人が大半で、したがってその情報が伝播する範囲も決して広いとは言えなかったのですが、それでもインターネットを使って震災に関する情報を伝える試みは積極的に行われました。私は直接その作業に関わったわけではないのですが、後日、それらの活動を「インターネットによる災害情報の流通」という論文にまとめ、それは電子情報通信学会の学会誌に掲載されました。論文は私のWebサイトで読むことができます。簡潔な内容ですが、16年前の日本のインターネットがどんなものであったかがわかります。そして、それから現在に至るまでにどれほどの驚くべき進歩があったのかを、少しは感じていただけるのではないかと思います。

上述の通り、ITは我々の日常生活に欠かせない道具になりました。しかし、まだまだもっと多くの人に、もっとより良い使い方を知ってほしい。そんな想いが、この神戸ITフェスティバルの原点になっています。イベントにお越しいただき、いろいろなものに触れることで、「皆さんの明日のIT」に対する何らかの手助けができればと考えています。ご来場お待ちしています。

追伸1:
神戸ITフェスの翌日に開催されるOSC神戸では、「災害時の救援情報共有に使える!ウェブツール“SAHANA”(サハナ)」と題するセミナーがあります。今まさにこのツールを使った情報共有が必死に行われているところです。この分野に関心のある方は参加されるとよいでしょう。

追伸2:
東京で行われるイベントですが、3/31(木)の夜に「Tech LION」という、ITエンジニアのためのトークライブを開催します。お酒やお食事と一緒にエンジニアのトークを楽しめるというイベントです。今回の震災で多数の行事が中止や延期を余儀なくされ、このイベントもどうなるかと思いましたが、なんとか開催できそうです。「イベントには人を元気づける力がある」、それを信じて、来た人に元気になってもらえるようなイベントにします。お時間がありましたらぜひ遊びにいらしてください。

【実行委員】本番までもう一息!

Posted on 2021/03/22 in 実行委員より by funaken4u

本日もあと5分で終わろうとしていますが、なんとか本日中に投稿したいと思っている、事務局の舟橋です(笑)

本番まで、残すところあと3週間あまりとなってしまいましたが、
ようやく昨日、「神戸経済新聞」にITフェスの記事を載せていただけました!
http://kobe.keizai.biz/headline/738/

そして、本日、セミナーテーブルを公開させていただきました!
http://kobe-it-fes.org/seminar/

また、他のネット系メディアにも本日午後から次々と掲載いただいており、今後の反響が楽しみです!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110321-00000003-minkei-l28.view-000

http://media.yucasee.jp/r/detail/62549

http://j-net21.smrj.go.jp/headline/event/109424.shtml

http://news.livedoor.com/article/detail/5431804/

http://www.excite.co.jp/News/release/atpress_19549.html

などなど・・・

いよいよこれからが正念場です!ぜひ当日 「来て良かった!」 と思っていただける内容になるべく、頑張ってまいりますので、宜しくお願いいたします!!!

【実行委員】イベント関係者として

Posted on 2021/03/21 in 実行委員より by sawanobori

春分を過ぎ、これから春も本番を迎えます。
なるべく早く穏やな気候になることを、ここ神戸から願っております。
 

寒いの苦手、実行委員の澤登です。
個人事業でお仕事をしつつ、少人数での開発ができる合同会社を作っています。

実行委員としては時間の都合もあり、このサイトが動いているサーバや、事務局連絡用メール関係をメンテナンスするという主にリモートでのお手伝いをしています。
 

ITフェスでは私のように微量な参加をはじめ、いろいろな形でこのイベントに関わっている人が沢山おられ、それぞれの考えで開催に向けて尽力しています。
その甲斐もあってか(?)、イベントには多彩な企画が揃い、委員でも全容がよくわからいほどの規模となってきました。
 

きっと珍しいイベントになるでしょう、関西で特にITに関わる人は神戸ITフェスティバルを初回から見ておくべきだと思います。

ということでAtndでの参加表明はこちら。

【実行委員】はじまりの地から神戸に向けて

Posted on 2021/03/14 in 実行委員より by hata


はじめまして!

兵庫県立大学の畑と申します。
僕はいまアメリカ、サンフランシスコのシリコンバレーに来ております。
写真はIT産業の聖地シリコンバレー発祥の地とされるヒューレット・パッカードが創業したガレージを復元した記念碑と僕です。
Read More

【実行委員会より】東北地方太平洋沖地震義援金について

Posted on 2021/03/14 in お知らせ, 実行委員より by muraoka

実行委員の村岡です。

3月11日午後2時46分ごろに発生した東北地方太平洋沖地震について、日本赤十字社で義援金の受付を行っています。

(日本赤十字社 兵庫県支部 のページより転載。URL =  http://www.hyogo.jrc.or.jp/news/detail328.html)
——————————————————————————————————————————-
東北地方太平洋沖地震義援金の受付について
日本赤十字社 兵庫県支部 

日本赤十字社では、東北地方太平洋沖地震の義援金の受付を開始しました。

 郵便局にある振替用紙をご利用のうえ、必ず窓口でお振込みをお願いいたします。振込手数料は、無料になります。

●郵便口座: 00140-8-507
●口座名義: 日本赤十字社
●その他 : 必ず備考欄に「東北関東大震災義援金」と明記してください。領収証が必要な方は「領収証必要」とご記入ください。

* 日本赤十字社兵庫県支部で受付けた義援金は、被災県に設置される予定の義援金募集委員会を通じて、被災者の皆さまに配分されることになりますが、現時点では、募集委員会は設置されていません。

* 日本赤十字社では、原則として個人の方からの物品の寄贈は受け付けておりませんので、ご了承ください。
————————————————————————————————————————————

神戸ITフェスティバル 2011でも、イベント内で義援金を募る予定です。
一人でも多くの被災者の助けになるよう、皆様のご協力をお願いいたします。