スタッフ

力宗 幸男 実行委員長

力宗 幸男

神戸ITフェスティバル 実行委員長
兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科長 教授
Facebook:futureICT
Twitter: @rikisama


「神戸ITフェスティバル」を始めたきっかけは?


2010年3月に、「オープンソースカンファレンス2010 Kansai@Kobe - Beef Up Kobe」を開催する機会に恵まれました。全国からオープンソースソフトウェアに興味を持つ多くのギークにご参加頂いたのですが、その中に、地元神戸からご参加頂いた多くの優秀な若者がおられました。
2011年に再び「オープンソースカンファレンス」を開催すると同時に、この多くの若者の力をお借りして、オープンソースだけに限定しない(ギークたちだけのためではない)、神戸にとって有意義なITのイベントを開催できるのではとの確信のもと、「神戸ITフェスティバル2011」を開催するに至りました。

やっていて印象的だったエピソード・関係者内の雰囲気は?

過去3年間開催しておりますが、毎回若い実行委員が増えるだけではなく、若者の参加者が増えてきていることが、非常に喜ばしいことだと思います。若者が次の神戸のICTを支えてくれるのではないかと期待をしております。また、神戸、兵庫だけではなく、全国的に認知されて来ていることも喜ばしいと思います。

これからどんなことに取り組んでいきたいですか?

「神戸ITフェスティバル」を通じて、神戸、兵庫の民産官学がともに繁栄し、かつ、ICTといえば神戸、神戸といえばICTと言われるようにお手伝いをしたいと思っています。

これから参加しようか考えている皆さんへ

ICTを中心としたヒューマンネットワークを構築できる非常に素晴らしい機会ですので、実行委員、当日のボランティアあるいは当日の参加者としてご参加頂けましたら幸いです。

プロフィール

195X年、淡路島で生まれる
学歴
大阪大学工学部通信工学科、大阪大学大学院工学研究科通信工学専攻修士課程、大阪大学大学院工学研究科通信工学専攻博士課程(工学博士)修了。

職歴
1979年8月神戸商科大学管理科学科助手
その後、神戸商科大学講師、助教授、教授を経て2004年4月兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科教授、2014年4月応用情報科学研究科長、現在に至る。
この間、1985年8月~1986年3月、ワシントン州エバグリーン大学交換教授、1992年~1994年3月、ワシントン州ワシントン大学客員研究員、1998年7月~9月、連合王国スタッフォード州キール大学客員研究員、2000年8月~9月、中華人民共和国広東省広州市曁南大学交換教授、2002年8月~2003年3月、ワシントン州エバグリーン大学交換教員を経験する。

教育研究
情報処理技術を教えながら、データベースシステム、エキスパートシステム、アシスティブテクノロジー、Webシステム等の研究に従事する。

学会活動
電子情報通信学会、情報処理学会、ACMの会員として活動。特に電子情報通信学会オフィスインフォーメーションシステム研究会では、1997年、研究専門委員、2006年、副委員長、2008年、委員長、2010年、顧問として活動。

社会活動
1996年10月、(財)阪神・淡路産業復興推進機構マルチメディア産業交流会アドバイザ(2007年3月まで)
1997年6月、兵庫ニューメディア推進協議会幹事(現在に至る)
2007年5月、地域ICT推進協議会(COPLI)アドバイザ、その後幹事、副会長を経て2014年5月より会長(現在に至る)
2012年6月、こうべICT行動計画2015推進懇話会(現在に至る)
2014年6月、ひょうごICT戦略検討懇話会座長(現在に至る)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebook
  • Twitter