講演・セミナー

「ANR ワンボタンの声 公開収録 IN 神戸!!」魚井 宏高、山村 和久、松尾レインボウ

内容


ANR ワンボタンの声

苦節8年!?…細々と始まったPodcast「AppleNewsRadio ワンボタンの声」もなんとか春には配信1000回を迎えることができ,iTunes Podcastランキングでは,テクノロジーカテゴリの上位常連組,リスナー数もおおよそ10万人を超えるほどになりました.Ustreamライブ放送「AppleNewstream ワンボタンの声」も配信100回を越え,2013年はUstream大賞第5位も頂くなど,リスナーの皆様にはひたすら感謝,感謝であります^^;;
 この度は神戸ITフェスティバルにて夏の記念イベント以来の公開収録を開催することになりました.いつものレギュラーメンバー(Yamamura,松尾レインボウ,魚井)勢揃いでワイワイと進めたいと思いますので,是非皆さんご参加下さい〜

Webサイト:AppleNewsRadio ワンボタンの声

プロフィール


魚井 宏高(うおい ひろたか)

魚井 宏高(うおい ひろたか)

大阪電気通信大学教授
1988年から大阪大学情報工学科の助手を務め、1991年に大阪のMacintoshユーザーグループのMUGNETの2代目の代表として就任。同時期より、Mac情報誌のライターとしても活動を始め、MACLIFE誌でパソコン雑誌初の「縦書き、大阪弁」連載。「魚井センセが教えたる」を始めたほか、MacFanInternet誌、Mac Fan誌などでも連載。1999年から2003年まで行われた、Appleユーザーグループイベント「iWeek」の統括としてもおこなう。
1998年に大阪電気通信大学情報工学科助教授としてご就任の後、2003年には日本初のゲーム作りを専門とする「デジタルゲーム学科」の開設メンバーとして移籍、教授へ昇格。2006年から2008年3月まで、同大学総合情報学部学部長も務めた。


山村 和久(やまむら かずひさ)

山村 和久(やまむら かずひさ)

ワンボタンの声」主宰
大学を出て入った会社でMacintoshと遭遇!コンピューターで絵を描くことを夢見ていた自分に打ってつけと思い込み、販売と研究を重ねるうちにはまってしまい、1992年に魚井先生が代表のMUGNETに参加。あとに4代目の代表を引き継ぎ公私ともに未知のMacユーザーと出会う機会が急増。Appleファンの情報共有は気持ちの共有でもあると考えられて2007年よりpodcast「ワンボタンの声」をスタート。目下Ustreamをはじめとするライブ配信の文化をMacで根付かせようと画策中。


松尾 レインボウ(まつお れいんぼう)

松尾 レインボウ(まつお れいんぼう)

90年ごろアルバイト先の楽器店でMacに触れるようになり、その後、通信カラオケ制作の仕事を始めた時にMac II ciを与えられたのをきっかけにMacを本格的に使いはじめた。 その後、ゲーム制作会社でゲーム音楽を作り、現在は転職してネットワークエンジニアとして働く。2007年からMUGNETの代表である山村さんが始めたpodcast「ワンボタンの声」に参加。


  • Facebook
  • Twitter