講演・セミナー

エンジニアがオープンデータをハックするには何が足りないのか:深見嘉明 x 小林巌生 x 村岡正和


神戸でも本格的に動き出したオープンデータムーブメント、しかし多様なデータが公開され、エンジニアが気軽にハックしてアプリやサービスが生み出されるような状況にはなっていない。

この課題に対し、神戸に本拠地をおきフロントエンドからバックエンドまで幅広いウェブ技術に精通する@Bathtimefishこと村岡正和と、横浜市金沢区の育なび.netやYokohama Art LODなどLinked Open Dataを基盤にしたサービスを世に出し続ける小林巌生が語り尽くす。

対談のモデレーターは、ウェブ標準技術を通じたイノベーション事例分析の専門家であり、政府・自治体等のオープンデータの技術標準戦略にも関与する深見嘉明。


「エンジニアがオープンデータをハックするには何が足りないのか:深見嘉明 x 小林巌生 x 村岡正和」の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【基調講演】イノベーションで開く未来の扉:落合陽一


近年IT技術の進化は著しく、それによる社会の変化には誰もが無関係ではいられません。
今後、ITの影響を受けて社会がどのように変化していくのか?
また、その変化と私たちはどのようにつきあっていくべきか?

今回は実業家、メディアアーティスト、研究者と様々な顔を併せ持つ現代の魔術師・落合陽一氏をお招きしてこの問いかけに対して一つの答えを示します。

神戸ITフェスティバルの様々なコンテンツが「どこか遠くの物珍しい技術」ではなく「すぐ手の届く距離にある身近なもの」と感じられる機会になればと思います。


「【基調講演】イノベーションで開く未来の扉:落合陽一」の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローンとIoTと日本のデジタル:遠藤 諭


ドローンの元々のはじまりは軍事訓練用の「ターゲットドローン」ですが、一般に注目されたのは「マルチコプター」が出てきてからです。

興味深いのは、SF小説などのフィクションでこうした小型のドローンが描かれてこなかったことではないでしょうか?もちろん、映画やアニメに超小型の飛翔体は描かれてきましたが、違いは現在のドローンが『コモディティ』なことです。

これはコンピューターの世界が、マイコン登場で経験したのとまったく同じ図式です。IoTの意味、すなわちソフトウェア的な変革がハードウェアを巻きこんで起こる時代、それを象徴するのがドローンなのです。

ドローンからはじまり、IoT、人工知能、サービスやメディアのこれからなど、みなさんと一緒に展望できたらと思います。


「ドローンとIoTと日本のデジタル:遠藤 諭」の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国産ウェアラブルグラスの底力:杉本礼彦・鈴木健一

いよいよウェアラブルが世の中に普及していく情勢の中、国産ウェアラブルデバイスとして注目をあつめる「mirama」と「Telepathy Jumper」。

Googleなど世界を牽引する企業間で激しい開発競争が繰り広げられているウェアラブルデバイス業界で両企業はいまどのように世界と競い合っているのか?

この対談では「mirama」開発メーカーのブリリアントサービス杉本社長、「Telepath Jumper」開発メーカーTelepathy Japan鈴木社長をお迎えし、ウェアラブルデバイス業界の現状と未来、業界裏話などをじっくりと語り合っていただきます。


プロフィール


「国産ウェアラブルグラスの底力:杉本礼彦・鈴木健一」の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iOSでここまでできる!インタラクティブアートの可能性:金谷 一朗


インタラクティブアートという新しいアートの形態が近年注目されています。

インタラクティブアートとは従来のアートと違い、鑑賞者とアート作品とが対話をすることによって、より深いメッセージが伝わるように意図された作品のことです。

これまでのインタラクティブアート制作にはコンピュータやカメラを使う知識と手間が必要でしたが、いまやスマートフォンで美術館レベルの作品を作ることが可能な時代になりました。

このセミナーではiOSデバイスを使ったインタラクティブアート作品制作の方法と、神戸ビエンナーレ2015で展示中の金澤麻由子作品について解説します。


ポリフォニック・ジャンプ!


「iOSでここまでできる!インタラクティブアートの可能性:金谷 一朗」の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Facebook
  • Twitter